投資のハナシ

資産運用にまつわる情報発信サイト

記事を検索する

閉じる

投資コラム

不労所得で月50万円を稼ぐ方法とは?必要な投資額や注意点も解説

不労所得で月50万円を稼ぐ方法を詳しく紹介します。不労所得を目指す際の注意点や、投資で稼ぐ際に必要な資金の目安なども解説するので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

不労所得とは、労働することなく得られるお金のことです。本業とは別に月50万円の不労所得があれば、余裕のある生活を送ることができるでしょう。

しかし、「不労所得を得るにはどのような方法があるのか」「不労所得を目指す際にはどのような点に注意しておけばよいのか」など、さまざまな疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、不労所得で月50万円を稼ぐ方法を詳しく紹介します。不労所得を目指す際の注意点や、投資で稼ぐ際に必要な資金の目安なども解説するので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

本サイトでは、不労所得についての記事を複数作成し、以下にまとめております

▶利回り5%での不労所得シミュレーション

※ 目標の不労所得額をクリックすると、詳細記事に飛びます。

不労所得(月)不労所得(年間)必要な資金
月5万円60万円1,200万円
月10万円120万円2,400万円
月20万円240万円4,800万円
月50万円600万円1.2億円

不労所得だけで生活する記事はこちらから

不労所得とは労働することなく得られるお金のこと

不労所得とは、ほとんど労働することなく得られるお金のことを指します。月給で働く会社員や時給で働くアルバイトなどとは異なり、労働の対価以外にもお金を手に入れる方法があるのです。

代表的な不労所得のひとつが、株式の配当金です。株式さえ保有していれば、特段なにもしなくても口座にお金が入ってきます。そのほかにも、不動産投資の家賃収入やアフィリエイトの広告収入などが不労所得としてあげられるでしょう。

ただし、不労所得といっても、完全に労働しなくていいわけではありません。たとえば、YouTubeの広告収入を得るためには、動画を投稿し続けて、視聴者を増やす必要があります。投資で稼ぐにしても、投資先の選定はある程度の時間をかけて慎重におこなわなければなりません。このように、選択する方法によっては、利益が発生するまでに膨大な手間と時間を要することも理解しておきましょう。

不労所得で月50万円を稼ぐ7つの方法

不労所得で月50万円を稼ぐ方法には、主に以下の7つがあげられます。

  • アフィリエイト
  • 書籍・画像・イラスト・音楽の販売
  • 駐車場経営
  • コインランドリー経営
  • 自動販売機の設置
  • コインロッカーの設置
  • シェアリングサービス

それぞれ異なる特徴があります。自身の時間的余裕やリスク許容度などに合わせた方法を選択することが大切です。

アフィリエイト

不労所得で月50万円を稼ぐ方法のひとつがアフィリエイトです。アフィリエイトは「成功報酬型広告」と呼ばれ、自身のコンテンツに貼った広告が見られたり、表示された広告を経由して商品が購入されたりすると報酬が与えられます。そのため、コンテンツの閲覧者や利用者がいる限り、ある程度放置していても利益を得ることが可能です。

アフィリエイトの代表例には、ブログがあげられるでしょう。たとえば、化粧品の紹介記事を投稿し、閲覧者が記事内のリンクから商品を購入した場合、商品価格の一定割合または定額の報酬が運営者に付与されます。YouTubeの広告収入もアフィリエイトのひとつです。広告の表示回数などに応じて報酬額が決められているため、動画の再生回数が多くなるほど収益も上がっていきます。

アフィリエイトのメリットは、ほとんどお金をかけることなくチャレンジできる点です。ブログを始めるにしても、無料のサービスを活用すれば、費用負担なく自分のブログを立ち上げて広告を貼ることができます。

ただし、アフィリエイトで利益が生じるまでには、膨大な作業が必要になるケースがほとんどです。利益が出てからも、定期的にメンテナンスや更新作業をおこなわなければ、収入が減少してしまう可能性があります。

書籍・画像・イラスト・音楽の販売

書籍・画像・イラスト・音楽の販売によって、月50万円の不労所得を得ることも可能です。オリジナルの商品を一度作成し、販売してしまえば、購入されるたびに収益が発生します。

たとえば、書籍を販売する場合、制作者に入ってくる印税は販売価格の5~10%程度が一般的です。仮に1,000円の書籍に10%の印税率が設定されたとすると、月に5,000部販売できれば50万円の不労所得になります。

ただし、自身で一から作品をつくるとなると時間がかかるうえ、ある程度の創作能力も求められます。そのため、もともと小説や楽曲の制作をおこなっている場合など、趣味の延長線として取り組める人に適した方法といえるでしょう。

駐車場経営

月50万円の不労所得を目指す際は、駐車場経営も選択肢に入れておくとよいでしょう。駐車場経営とは空き地を月極駐車場やコインパーキングなどに整備し、利用料を徴収する方法のことです。駐車場の管理を事業者に任せれば、オーナーはほとんど手をかけずに収入を得られます。

駐車場経営のメリットは、不動産投資などと比べて初期費用を抑えられる点です。形態にもよりますが、初期費用は100万円以内で済むケースも少なくありません。すでに土地を所有している人であれば、駐車スペースを区切るだけで、駐車場としての機能をもたせられることもあります。

ただし、駐車場経営は税金の負担が大きいほか、土地を平面でしか活用できないため収益性が悪くなる点に注意しておきましょう。立地条件がよく、ある程度の広さがある土地でなければ、月50万円の不当所得を得ることは難しいかもしれません。

コインランドリー経営

コインランドリー経営も、月50万円の不労所得を得られる方法としてあげられます。コインランドリー経営とは空いた土地に店舗を建て、洗濯機や乾燥機などを設置し、利用料を得る方法のことです。清掃や集金、問い合わせなどの業務を業者に委託すれば、管理の手間をかけずに収入を得ることもできます。

コインランドリー経営のメリットは、高い利回りを期待できる点です。立地条件などにも左右されますが、10~20%程度の利回りは十分狙えます。また、景気の影響も受けにくいため、比較的安定した収入を得られることも魅力のひとつです。

ただし、コインランドリー経営には多額の初期費用を要します。更地から始めた場合は、数千万円程度の費用がかかるケースも少なくありません。また、競合との差別化が難しいため、開業場所の選定はもちろん、集客方法にも細心の注意を払う必要があります。

自動販売機の設置

自動販売機の設置によって、月50万円の不労所得を目指すのも選択肢のひとつです。空いた土地に自動販売機を設置し、運営・管理を業者に任せておけば、商品の販売数に応じて自動的に収益が発生します。

自動販売機の設置は、比較的リスクを抑えて始められる点が特徴です。自動販売機自体を無償で貸し出してくれる業者を選べば、費用負担を電気代のみで済ませられます。また、オーナーの利益を固定金額で契約し、最低限の利益を確保することも可能です。

ただし、自動販売機の設置だけで、短期的に大きな利益を生み出すのは難しいといえます。1台あたりの収益は月に数千円程度といわれることもあるため、土地を最大限に活かして利益を追求したい人には向いていないでしょう。

コインロッカーの設置

コインロッカーを設置し、月50万円の不労所得を稼ぐこともできます。土地を業者に貸し出し、コインロッカーの設置・管理をすべて任せておけば、ほとんど手をかけることなく利用料を得ることが可能です。

なお、土地を所有していない場合は、自身がフランチャイズ会社と代理店契約を結ぶ方法も選択肢に入れておきましょう。コインロッカー本体の購入は必要ですが、設置場所の選定や地主との交渉も業者がおこなってくれるため、スムーズに着手できるはずです。ただし、フランチャイズの場合はコインロッカーを自ら管理しなければならないため、一切の労力をかけたくない人には不向きかもしれません。

コインロッカーの設置にあたっては、いかに需要の多い場所に設置するかが重要です。設置場所を誤ると、収益が一切発生しない事態にもなりかねないため注意しておきましょう。

シェアリングサービス

月50万円の不労所得を目指すのであれば、シェアリングサービスも選択肢のひとつに入れておくといいでしょう。

シェアリングサービスとは、所有する資産を他人に貸し出し、利用料を得る方法のことです。たとえば、マンションの空き部屋・自動車・駐車場・ブランド品の貸し出しなどが代表的な例といえます。

シェアリングサービスでは、もともと所有している資産を有効活用できる点が大きなメリットです。新たに物を購入する必要がないため、初期費用もほとんどかけることなく始められます。

ただし、鍵・商品の引き渡しや利用者とのやり取りなど、ある程度の労働は求められることを覚えておきましょう。また、利用者とトラブルになるケースもあるため、徹底したリスク管理が必要になります。

多額の資金があるなら投資でも月50万円の不労所得を目指せる

投資で月50万円の不労所得を目指す場合は、多額の資金が必要です。仮に利回り5%で運用できたとしても、1億円以上の元本を用意しなければなりません。そのため、資金力に余裕がある場合の選択肢として、以下で紹介する方法を参考にしてみてください。

不動産クラウドファンディング

多額の資金があれば、不動産クラウドファンディングで月50万円の不労所得を目指すことも不可能ではありません。

不動産クラウドファンディングとは、インターネット上で投資家から集めた資金をもとに、事業者が不動産の購入や運用をおこなう投資手法のことです。投資家には出資額に応じて、分配金が付与されます。

不動産クラウドファンディングでは、物件を管理する手間が一切かかりません。すべて事業者に一任できるため、投資家がやるべきことは分配金を受け取り、運用成績をチェックする程度です。

なお、不動産クラウドファンディングサービスは複数存在しているため、どれを選ぶかによって利便性や運用成績は大きく変わります。不動産クラウドファンディングにはじめて取り組むのであれば、不動産BANKがおすすめです。

不動産BANKには、利回り6%以上が期待できるファンドが多数取り揃えられています。また、優先劣後構造を採用している点も魅力のひとつです。損失が生じた場合は運営事業者の出資分から補填されるため、元本割れするリスクを大幅に軽減できます。

さらに、1口1万円から出資できる点が特徴です。まずは少額から気軽にチャレンジしてみてください。

不動産投資

不動産投資とは、物件を購入・貸与し、賃料を得る方法のことです。売買差益で稼ぐこともできますが、基本的には家賃収入が主な収入源になります。

不動産投資では多額の初期費用が必要になるため、銀行から融資を受けて始めるケースが一般的です。そのため、自己資金に乏しくても、月50万円の不労所得を狙える可能性は十分あります。また、家賃は変動しにくい性質があるため、長期的・安定的な収入が期待できるでしょう。

ただし、自身で物件を管理しようとすると、かなりの手間がかかってしまうため注意してください。不労所得を得る手段として考えているのであれば、不動産会社に手数料を支払って、管理を委託する必要があります。

投資信託

投資で月50万円の不労所得を稼ぐ方法のひとつが投資信託です。投資信託とは、投資家から集めた資金を用いて、専門家が株式や債券などの運用をおこなう投資手法のこと。投資家には、出資額に応じた分配金が定期的に支払われます。

投資信託のメリットは、資産運用をすべて専門家に一任できることです。投資する銘柄の選定を慎重におこなう必要がありますが、一度出資してしまえば、あとは分配金を受け取るだけで済みます。

また、投資信託の銘柄は複数の投資先で構成されているケースが一般的です。そのため、ひとつの銘柄を購入するだけで資産を分散させられるため、損失のリスクを抑えられることも覚えておきましょう。

なお、投資信託を保有している間は、信託報酬と呼ばれる手数料がかかる点に注意してください。運用を専門家に任せるための手数料であり、保有額の0.5~2.5%程度が毎月差し引かれてしまいます。信託報酬は銘柄によって大きく異なるため、投資先を選定する際はしっかりと比較検討することが大切です。

株式投資

投資額次第では、株式投資で月50万円の不労所得を稼ぐことも可能です。株式投資では、主に2つの収益を期待できます。

ひとつは売買差益(キャピタルゲイン)です。たとえば、10万円の株式を購入し、13万円に値上がりしたタイミングで売却すれば3万円が利益になります。短期間で大きな利益を狙える反面、値動きを細かくチェックする必要があるため、不労所得とはいえないでしょう。

もうひとつは、配当金(インカムゲイン)です。株式を保有しているだけで、年1~2回程度、企業利益の一部が分配されます。一度株式を購入すれば半自動的に配当金が入ってくるため、不労所得を目指したい人におすすめの方法です。

ただし、株式投資は投資先の選定が難しいとされています。株式を購入した企業の業績が不調になると、配当金が下がったり、無配当になったりすることもあるのです。場合によっては、企業が倒産し、株式の価値がゼロになる可能性も否定できません。そのため、投資初心者にとっては、少しハードルが高く感じられることもあるでしょう。

FX

投資で月50万円の不労所得を稼ぎたい場合は、FXも選択肢のひとつに入れておきましょう。FXとは世界各国の通貨を取引し、利益を得る投資方法のことです。FXで得られる収益には、株式投資のようにキャピタルゲインとインカムゲインの2種類があります。

不労所得を得たいのであれば、インカムゲインを狙いましょう。FXにおけるインカムゲインとは、金利差(スワップポイント)のことを指します。FXでは2か国間の通貨ペアを取引しますが、通貨間の金利差が付与される仕組みがあるのです。通貨ペアを保有しているだけで、毎日取引口座に入金されるため不労所得といえます。

一方、キャピタルゲインとは売買差益のことです。安く買って高く売れば、その差額が利益になります。FXは「売り」から始められるため、高いときに売って安くなったときに買い戻すことでも、利益を得られる点が特徴といえるでしょう。ただし、キャピタルゲインを狙うには、値動きや取引タイミングをこまめにチェックする必要があるため、不労所得を得たい人には向いていません。

なお、FXでは、レバレッジを利かせた取引ができることも覚えておきましょう。自己資金の最大25倍までのお金を動かせるため、効率よく資産を増やせる可能性があります。しかし、レバレッジをかけると、損失のリスクも高まってしまう点には十分注意してください。最悪の場合、投資額を全て失ってしまうこともあります。

月50万円の不労所得を得るために必要な投資額をシミュレーション

ここでは、月50万円の不労所得を得るために必要な投資額をシミュレーションしてみましょう。利回り3%・5%・7%で運用できると仮定した場合、必要な投資額は以下のとおりです。

利回り投資額
3%2億円
5%1億2,000万円
7%約8,500万円

投資方法にもよりますが、投資初心者が狙える利回りは一般的に5%程度とされています。そのため、月50万円の不労所得を目指すのであれば、少なくとも1億円以上の資金を用意しておかなければなりません。十分な資金をもっていない場合は、アフィリエイトや書籍販売など、投資以外の方法に取り組むほうが現実的といえるでしょう。

月50万円の不労所得を目指す際の注意点

次に、月50万円の不労所得を目指す際の注意点を解説します。あとで後悔することのないように、一つひとつのポイントをしっかりと押さえておきましょう。

大きな利益を狙うほど損失のリスクも高まる

まず、大きな利益を狙うほど損失のリスクも高まる点に注意しておかなければなりません。基本的に、リターンとリスクは比例関係にあります。リスクを一切取らずに、月50万円という大きなリターンを得ることは難しいでしょう。

特にローンを組んだり、レバレッジを効かせて取引したりするのはハイリスクといえます。場合によっては、自己資金以上のお金を失う可能性もゼロではありません。

そのため、不労所得を目指す際は、まず少額から始められる方法を選びましょう。投じる金額が小さければ、たとえ失敗してもやり直すことができます。また、余剰資金を用いることも重要です。生活費にまで手をつけてしまうと、元本割れを起こした際に生活が苦しくなり、事業や投資を中断せざるを得なくなります。

月50万円の不労所得を得ると所得税・住民税がかかる

月50万円の不労所得を得た場合は、所得税・住民税がかかります。納税を怠ると延滞税が課せられ、余計な支出が生じてしまうため十分注意してください。

具体的には、不労所得で稼いだ金額を確定申告する必要があります。不労所得を得た年の翌年2月16日から3月15日が申告期間です。忘れずに手続きを済ませてください。なお、証券会社の特定口座(源泉徴収あり)における上場株式等の譲渡による所得は、原則確定申告が不要になります。

また、給与所得と退職所得以外の合計所得が20万円以下であれば、所得税は発生しません。ただし、住民税は発生するため、市役所や区役所で別途手続きをおこなう必要があります。

会社の就業規則に違反するケースがある

不労所得を得ることが、会社の就業規則に違反するケースもあります。取り組んでいる方法によっては、副業とみなされることがあるためです。

たとえば、アフィリエイトや駐車場・コインランドリー経営など投資以外の方法は、副業にあたる可能性が高いと考えられます。無断で利益を得ていたことが発覚すると、減給や降格といった処分が下されるかもしれません。そのため、着手する前には必ず会社の就業規則を確認し、必要であれば許可をもらうようにしてください。

なお、投資は副業とみなされないケースがほとんどです。あくまでも資産運用の一環であるため、納税を怠らなければ、不利な立場に立たされることはないでしょう。

不労所得の仕組みを構築するには時間を要する

不労所得の仕組みを構築するには、ある程度の時間を要することも理解しておきましょう。一般的に、不労所得を得るためのビジネスや投資は長期的な視点で取り組むものです。多額の資金を用いて投資を始める場合は別ですが、着手した直後に月50万円もの利益を得ることは基本的に難しいといえます。

たとえば、アフィリエイトの広告収入で稼ぐためには、まずコンテンツの利用者・閲覧者を増やさなければなりません。ブログであれば記事を投稿していく必要がありますが、良質な記事を書くには手間と時間を要します。また、印税で稼ぎたいと考えても、魅力的な書籍を短期間で制作することは困難です。

不労所得を目指す際は、利益が出るまで諦めずに継続し続ける必要があります。そのため、できるだけ興味をもって、長く取り組める方法を選択することを心掛けましょう。

まとめ

不労所得で月50万円を稼ぐには高いハードルがあるものの、決して不可能なことではありません。地道な努力を続けていれば、実現できる可能性は十分あるでしょう。

ただし、ビジネスや投資の知識をもたない初心者が、多額の資金を投じることはリスクが高すぎるため、控えたほうが賢明といえます。まずは少額からはじめて、実践経験を身につけることが大切です。

しかし、少額で不労所得を狙える方法は複数あるため、どれを選んでよいのか悩んでしまうこともあるでしょう。その場合は、不動産クラウドファンディングの活用をおすすめします。

不動産クラウドファンディングであれば、月1万円程度から出資することが可能です。物件の管理もすべて事業者がおこなってくれるため、投資家がやるべきことは分配金を受け取る程度にとどまります。

不動産クラウドファンディングに少しでも興味があるなら、不動産BANKの公式サイトをチェックしてみてください。利回り6%以上を見込めるファンドが豊富にラインナップされています。会員登録から出資まですべてオンラインで完結できるので、煩雑な手続きが苦手な人にもぴったりです。この機会に、不労所得の獲得に向けた第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

Ranking