投資のハナシ

資産運用にまつわる情報発信サイト

記事を検索する

閉じる

不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングの利回りを解説!ほかの投資手法との比較も

「不動産クラウドファンディングの利回りはどれくらい?」 「ほかの投資との違いは?」不動産クラウドファンディングの利回りは4〜7%ほどです。 比較的高い利回りのため、これから投資を始めようとしている方におすすめといえます。利回りの計算方法や案件の選び方、ほかの投資手法との比較などを解説します。

「不動産クラウドファンディングの利回りはどれくらい?」

「ほかの投資との違いは?」

これから不動産クラウドファンディングを始めようとしており、このような疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

結論から申しますと不動産クラウドファンディングの利回りは4〜7%ほどです。

比較的高い利回りのため、これから投資を始めようとしている方におすすめといえます。

この記事では、利回りの計算方法や案件の選び方、ほかの投資手法との比較などを解説します。不動産クラウドファンディングの利回りについてお困りの方はぜひ参考にご覧ください。

不動産投資型クラウドファンディングの利回りはどのくらい?

不動産クラウドファンディングの利回りについて解説します。

  • 不動産クラウドファンディングの平均利回り
  • 想定利回りの計算方法
  • 得られる分配金は源泉徴収税が控除される
  • 想定利回りが変更される場合もある

不動産クラウドファンディングの平均利回り

不動産クラウドファンディングの平均利回りは4〜7%程度です。

運用の手間が少ないことを考えると比較的高い利回りといえます。投資が初めての方でも安定して利益を得やすい点が不動産クラウドファンディングのメリットです。

想定利回りの計算方法

想定利回りとは、ファンドの募集時点での予定配当金額をもとに計算した投資金額に対する収益の割合のことです。算出された利回りには確約がないため「想定利回り」といわれます。

計算方法は、「年間の予定配当金額÷投資金額×100=想定利回り」です。

例えば、年間の予定配当金額が5万円のファンドがあり、100万円を投資した場合、「5万円÷100万円×100=5%」のため、想定利回りは5%となります。また、投資金額に想定利回りを掛ければ想定の分配金を算出することが可能です。この例の場合、5万円となります。

投資金額(100万円)×5%(想定利回り)=5万円

得られる分配金は源泉徴収税が控除される

不動産クラウドファンディングで得られる分配金には、事業者から事前に20.42%(所得税20%+復興特別所得税0.42%)が源泉徴収されています。そして、想定利回りは源泉徴収される前の分配金で計算した利回りのため、手取りの利回りは想定利回りを下回ります。

例えば、想定利回り3%のファンドに100万円投資した場合の想定分配金は3万円です。しかし、実際は「3万円×20.42%=6,126円」となり、3万円から6,126円を差し引いた23,874円が手取りの分配金となります。

ファンド選びの際は想定利回りだけでなく、手取りの利回りも計算することが大切です。

想定利回りが変更される場合もある

想定利回りは、あくまで「想定」のため、変更される場合があります。事業者による不動産運営が上手くいかなかったり、利益が少なかったりした際は想定利回りが異なります。

あくまで「想定」であり、鵜呑みにしてしまうと実際の利回りと差異が生じるため、注意が必要です。

不動産クラウドファンディングの利回りとほかの投資方法との比較

不動産クラウドファンディングの利回りとほかの投資手法の利回りの比較をご紹介します。

投資手法で悩んでいる方や、これから不動産クラウドファンディングを始めようとしている方は参考にしてみてください。

投資手法平均利回り
不動産クラウドファンディング4〜7%
株式投資5~10%
現物不動産投資5~8%
ソーシャルレンディング5~7%
J-REIT3~4%
銀行預金0.001%

株式投資

株式投資の平均利回りは、5〜10%と幅広い点が特徴です。ハイリスクハイリターンな投資手法であるため、高い利回りだと10%以上になることもあります。株式投資は、将来性のある企業の株を購入して利益を得る投資手法で、株の売却益や配当益で利益を得られます。

常に企業の値動きをチェックする必要があるため、知識と経験が必要です。また、平均利回りは高いですが、同時にリスクがあることも考慮しなければなりません。

現物不動産投資

現物不動産投資の平均利回りは5〜8%です。不動産を自分で購入して運用し、家賃収入や売却益などで利益を得ます。不動産の種類や築年数、立地などで需要が大きく異なるため、不動産によって利回りに大きな差が生じるケースもあります。

また現物不動産投資は、毎月安定して家賃収入を得られるメリットがありますが、自分で不動産運営をする場合は、空室対策や入居者対応、修繕対応などをすべて行わなければなりません。運用の手間がかかりやすいことも考慮する必要があります。

ソーシャルレンディング

クラウドファンディングの一種であるソーシャルレンディングの平均利回りは、5〜7%です。事業者が金融庁管轄の第二種金融商品取引業の登録を行い、投資家から集めた資金をほかの事業者へ融資します。投資家は資金を提供した割合に応じて配当金を得られる仕組みです。

不動産クラウドファンディングとは、利益を得る仕組みに違いがあります。

不動産クラウドファンディングの場合、投資家の出資資金により事業者が不動産を購入し、運用により得た利益が投資家の収入となります。他方、ソーシャルレンディングは、貸し付けた金利から事業者の収入を差し引いた金額が投資家の収入となるのが特徴です。融資を受けた事業者の資金繰りが悪化したり倒産したりすることで、貸し倒れのリスクがあることを考慮する必要があります。

J-REIT

J-REITの平均利回りは、3〜4%です。事業者が投資家から資金を集めてマンションや商業施設などを購入し、賃貸収入や売却益などを各投資家へ分配します。

不動産クラウドファンディングとの違いとして、J-REITは自分で不動産を選べない点があります。自分で投資先の不動産を決めたい方は不動産クラウドファンディングの方が向いているといえます。

銀行預金

銀行預金の平均利回りは、0.001%と低いのが特徴です。仮に100万円を預けたとしても年間で10円しか利益を得られません。また、受取利息には税金がかかるため、受け取れる金額はさらに少なくなる点が特徴です。お金を預けたり引き出したりする際には便利ですが、資金を増やす目的としては向いていないといえます。

不動産クラウドファンディングで安定して利回りを得やすい理由

不動産クラウドファンディングでは、以下の理由により安定して利益を得られる可能性があります。

  • 少額から始められる
  • 分散投資しやすい
  • 不動産の管理コストが不要

少額から始められる

不動産クラウドファンディングは、1万円から投資できる事業者もあり、資金が少ない方でも始めやすい点が特徴です。投資金額が少ないため、リスクが低く、比較的利回りが高いため、安定して利益を得られやすい傾向があります。

「投資にお金をかけすぎるのは不安」「投資が初めてだから少額から始めたい」という方におすすめといえます。

分散投資しやすい

不動産クラウドファンディングには、さまざまな案件があるため、元手を分散して複数の案件に投資することが可能です。複数の案件に投資していれば、ひとつの案件で損失が発生してもほかの案件でカバーできるため、リスクを抑えた投資が期待できます。

不動産の管理コストが不要

現物不動産投資であれば、建物の修繕、入居者対応、空室対策などの管理をしなければなりません。しかし、不動産クラウドファンディングであれば、事業者が管理するため、投資家は分配金を待つだけでよく、管理コストが不要です。手間をかけずに安定して収益を得たい方におすすめの投資手法といえます。

不動産クラウドファンディング事業者選びの注意点

不動産クラウドファンディングの事業者選びの際は以下の点に注意しましょう。

  • 利回りだけで判断しない
  • 事業者の運営実績を確認する
  • 優先劣後割合を確認する

利回りだけで判断しない

利回りは、利益を得るために重要な要素です。しかし、利回りだけで事業者を選ぶのはおすすめしません。例えば、リゾート施設や旅館などの案件は比較的利回りが高い傾向があります。ただし、これらの施設は宿泊者がいなければ成立しないことを理解しましょう。

コロナ禍の影響やインバウンド需要の減少によって宿泊者が減少すれば、利回りも大きく減少します。利回りだけでなく、総合的に判断して選ぶことが大切です。

事業者の運営実績を確認する

事業者によって運営実績が異なるため、「運営歴の長さ」「募集案件の数」「案件の情報量」などを必ず確認しましょう。運営歴が長いということは、多くのユーザーに利用されていることの証明にもなります。

また、募集案件の数が豊富に掲載されている事業者を選ぶことも大切です。多くの案件が掲載されていれば、複数の案件と比較でき、より良い案件に投資できる可能性が高くなります。さらに不動産の概要や利回り、築年数などの情報が詳しく記載されているかどうかを確認しましょう。

優先劣後割合を確認する

優先劣後とは、利益が発生した際は投資家へ優先的に分配し、損失時には事業者が優先的に負担する仕組みです。投資家を損失のリスクから守ることを目的として多くの事業者が導入しています。

なお、優先劣後の割合のことを優先劣後割合といいます。優先劣後割合は事業者によって異なり、劣後割合が高い方が投資家はリスクを抑えられます。目安として、投資初心者の方は劣後割合30%以上の案件を選ぶことでリスクを抑えた投資が期待できます。

まとめ

不動産クラウドファンディングの利回りは4〜7%ほどです。投資先を選ぶ際は、想定利回りを計算してから選ぶことが大切です。ただし、分配金を受け取る前に事業者によって事前に源泉徴収され、20.42%の税率が差し引かれています。想定していた分配金と実際の分配金に差が生じるため、注意しましょう。また、想定利回りは確約されておらず、運用状況によって分配金の減少などの可能性があることも考慮する必要があります。

不動産クラウドファンディングは、ほかの投資手法と比べてミドルリスクミドルリターンの投資手法であり、初心者の方でも始めやすい点が特徴です。また、「少額から始められる」「分散投資できる」「管理コストが不要」などのメリットがあります。

この記事を読んで不動産クラウドファンディングに興味を持った方は、株式会社ファミリーコーポレーションが運営する不動産BANKがおすすめです。1万円から投資でき、運用も事業者に任せっきりで銀行預金に預けるような感覚で投資できます。「投資が初めてで不安」「リスクをかけずに投資したい」という方でも簡単に始められるため、ぜひこの機会に公式サイトをご覧になってはいかがでしょうか。

Ranking

Pickup