投資のハナシ

資産運用にまつわる情報発信サイト

記事を検索する

閉じる

不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングのデメリットは?リスクについても解説

不動産クラウドファンディングのデメリットやメリット、リスクなどを詳しくご紹介します。

「不動産クラウドファンディングを利用したいけどデメリットはあるの?」

「利用時の注意点は?」

これから不動産クラウドファンディングを始めようとしている方で、このような疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

不動産クラウドファンディングのデメリットとしては、「レバレッジ効果が低い」「節税できない」「実物資産として残せない」などがあります。「思っていたより稼げない」「税金がかかるなんて知らなかった」といった事態を回避するために、事前にデメリットを確認しておくことが大切です。

本記事では、不動産クラウドファンディングのデメリットやメリット、リスクなどを詳しくご紹介します。

不動産クラウドファンディングとは

不動産クラウドファンディングとは

近年不動産クラウドファンディングは、初心者でも始めやすいとして注目されています。不動産クラウドファンディングとは、各投資家が事業者に出資した投資資金で事業者が不動産を購入して運用し、得た利益を投資家へ分配する投資手法です。

投資対象の不動産は、アパート、マンション、商業施設などさまざまな種類があります。

不動産クラウドファンディングの仕組み

不動産クラウドファンディングのデメリット

不動産クラウドファンディングのデメリット

初心者でも始めやすい不動産クラウドファンディングですが、いくつかデメリットがあります。利用前に確認しておきましょう。

  • レバレッジ効果が低い
  • 節税できない
  • 資産として残せない

レバレッジ効果が低い

レバレッジ効果とは、少ない資金で大きな利益を得ることです。不動産クラウドファンディングは、低額から投資できて初心者の方でも利用しやすい点がメリットですが、その分レバレッジ効果が低い傾向があります。

例えば、現物不動産投資であれば実際に数千万〜数億円程度の不動産を、手持ち資金と銀行融資により購入して運用できます。融資を受けていることから手持ち資金以上の物件に投資しやすくなり、より高い利益を得られる可能性があります。

他方、不動産クラウドファンディングは、自己資金で投資をするのが原則です。そのため、手堅く投資したい方に向いています。そして、短期的に大きな利益を得たい方には不向きです。

不動産クラウドファンディングでレバレッジ効果を高めたいのであれば、利回りの高いファンドに投資する方法もあります。ただし、利回りだけに注目してしまい、物件の立地や空室状況などを把握せずに投資するのはリスクを伴うため注意が必要です。

節税できない

不動産クラウドファンディングの利益は、一般的に雑所得として扱われて税金が課せられます。そして、基本的には節税効果が期待できません。

しかし、「任意組合型」という契約方法を選択すれば、節税効果を得られる可能性があります。その理由を知るためには、不動産クラウドファンディングの契約方法を知る必要があります。

不動産クラウドファンディングには「匿名組合型」と「任意組合型」の2種類の契約方法があります。

匿名組合型とは、事業者が不動産所有者となり、運用や管理などで得た利益を投資家へ分配する方法です。投資家は運用の手間がかかりませんが、不動産を所有していないことになります。得た利益は雑所得と扱われ、確定申告をして税金を払わなければなりません。そして、小口化された権利の一部に投資をするだけのため、経費計上ができず、節税効果がありません。

一方、任意組合型とは投資家と事業者が共有で不動産を所有する契約方法です。得た利益は不動産所得として計上できます。減価償却費を経費として計上できるため、節税効果が期待できるのが特徴です。

なお、多くの不動産クラウドファンディング事業者は、匿名組合型を採用しています。

不動産クラウドファンディングによって節税効果を得たいという方は、「任意組合型」の事業者を探してみましょう。

実物資産として残せない

前述しているとおり、事業者の多くが「匿名組合型」で契約するため、投資家は不動産を所有することにはなりません。つまり、いくら投資額を増やしても自分の資産として残せないことが特徴です。

自分の資産として残せる現物不動産投資であれば、不動産を売却して利益を得ることもできるため、投資の幅が広がります。これらの点を理解したうえで不動産クラウドファンディングを利用することが大切です。

「大きな投資がしたい」「自分で運用や管理をしたい」という方は現物不動産投資も検討してみましょう。

不動産クラウドファンディングのメリット

不動産クラウドファンディングのメリット

デメリットについてお伝えしましたが、メリットもあります。不動産クラウドファンディングの特徴を適切に理解するために、確認しておきましょう。

  • 少額から始められる
  • 運用の手間が少ない
  • 元本割れするリスクが低い

少額から始められる

不動産クラウドファンディングは1万円から始められる事業者が多く、初心者の方でも利用しやすい点が特徴です。

投資というとハイリスクハイリターンなイメージを持つ方も多いかと思いますが、不動産クラウドファンディングはリスクを抑えた投資手法のため、安心して利用できます。

ただし、少額であることから短期的に大きな利益を得ることは難しいことを理解しましょう。

運用の手間が少ない

不動産クラウドファンディングは、現物不動産投資と比べて運用の手間が少ない点が特徴にあげられます。投資先を選んで出資金を提供するだけで済み、事業者が運用を行うためです。

そのため、投資の知識がなく不安な方や、不動産の管理をしたことがない方でも安心して利用できます。

元本割れするリスクが低い

不動産クラウドファンディングでは、投資家の損失リスクを抑える「優先劣後方式」を導入している事業者が多いのが特徴です。そのため、元本割れリスクが低い傾向があります。

優先劣後方式とは、運用によって得た利益を投資家へ優先して分配し、損失時は事業者側が優先して負担する仕組みのことです。ただし、ファンドによって優先劣後の割合が異なるため、投資先を選ぶ際は確認しておきましょう。

不動産クラウドファンディング利用の注意点

不動産クラウドファンディング利用の注意点

不動産クラウドファンディングを効果的に利用するためには、利用時の注意点を押さえておくことが大切です。注意点として、以下2点を解説します。

  • 出資者が多くて投資できないことがある
  • 事業者に任せっきりにしてしまう

出資者が多くて投資できないことがある

投資先のファンドによっては出資できない場合もあるため、注意が必要です。

そもそもファンドには、「先着式」と「抽選式」の2つの応募方法があります。先着式とは、募集金額の上限に達するまでの間、早い順に投資家の出資を受け付ける方法です。他方、抽選式とは、募集期間終了後に申し込んだ投資家全員の中から抽選を行い、当選者を決める方法を指します。

好条件なファンドが先着式であれば、募集開始から数分で募集終了というケースもあります。一方の抽選式の場合、誰でも抽選を受けられますが、抽選人数が多ければ当選倍率も高くなります。そのため、同様に投資できないリスクもあります。

投資したいファンドを見つけたら、事前に応募方法を確認しておきましょう。

事業者に任せっきりにしてしまう

不動産クラウドファンディングを運用する際は、事業者に任せっきりにしないことも大切です。

運用は事業者が行いますが、必ず毎月利益が発生するとは限りません。なかには運用状況が悪化しているケースもあります。運用期間が終了した後も、投資を継続するかどうかを判断するためにも、随時運用中の状況を確認しておくことが大切です。

不動産クラウドファンディングの始め方

不動産クラウドファンディングの始め方

不動産クラウドファンディングのデメリットやリスクについて理解したところで、具体的な利用方法を知りたいと思う方も多いのではないでしょうか。

ここからは、株式会社ファミリーコーポレーションが運営する不動産BANKの場合を例にあげて、不動産クラウドファンディングの始め方をご紹介します。

  1. 会員登録する
  2. 投資申請・契約・入金
  3. ファンドの成立・運用開始

1. 会員登録する

初めに不動産BANKの会員登録をしましょう。仮登録後、本人確認書類を提出することで、会員登録ができます。

なお、24時間365日受け付けており、無料登録が可能です。

会員登録が完了すると、ファンド一覧が表示されます。投資先のファンドを選びましょう。

2. 投資申請・契約・入金

ファンドを選んだら投資申請を行います。受付が完了するとメールにて「入金のご案内」が届くため、期限内に指定口座へ入金します。入金されないとキャンセル扱いになる場合もあるため、注意しましょう。

3. ファンドの成立・運用開始

申請後にファンド成立の判定を受け、成立すれば運用が開始されます。分配や償還が行われるまで行う手続きはありません。

運用が開始されたら運用状況の確認を随時行うことが大切です。また、一度運用開始すると基本的には途中解約できないことを理解しておきましょう。

運用について、より詳細な情報を知りたい方は不動産BANKで確認してみてください。

まとめ

まとめ

不動産クラウドファンディングのデメリットは以下の3点です。

  • レバレッジ効果が低い
  • 節税できない
  • 資産として残せない

低額で投資できる分レバレッジ効果が低いため、大きな利益を得られにくいのが特徴です。

ただし、長期的に見れば安定した利益を得られる可能性が高く、利回りの高いファンドに投資すれば大きな利益を得ることも可能です。

また、一般的な不動産クラウドファンディングの場合、節税できません。節税効果を得たい場合は、任意組合型の不動産クラウドファンディングを検討しましょう。

他方、不動産クラウドファンディングには、「運用の手間が少ない」「少額から始められる」「元本割れリスクが低い」などのメリットもあります。投資初心者の方でも利用しやすい点が特徴です。

これから投資を始めたい方や、投資資金があまりない方には、数ある投資のなかでも不動産クラウドファンディングを推奨します。株式会社ファミリーコーポレーションの不動産BANKなら、1万円から投資可能で、運用の手間が少ない点が特徴です。銀行預金に預けるような感覚で投資できるため、初心者の方でも簡単に利用できます。興味のある方は、公式サイトをチェックしてみてください。

Ranking